fc2ブログ
「アトピーの子を減らしたい」を読んで
2023/3/3
「2023/3/3山陰中央新報」

日本妊活協会で「子供のアトピーは母親の影響を受ける。」と教わったとある。

「産前産後のケア(お母さんを元気にすること)で、アトピーの子が減る」

なるほど、根拠を伴わない何ともユニークな記事だ。

自分を振り返ると、妊娠中ノンストレスだった長子が重度のアレルギー体質で、食事は愚か充分な睡眠すら取れずにアレっ子育てをしていた第二子にアトピーは無い。

アトピーに悩む我が子を見て、どの母親も一度は自分を責めたりする。
「妊娠中に受けた母親からの影響が不登校やアトピー疾患に全て繋がり、そのサイクルのどこかを断つ」とは一見、旧優生保護法を感じさせるような視点で、現在アトピー児を育てている母親を負いつめるような考えに共感はできない。

進学や進級のたびに学校へ理解を求めたり,診断書や検査にかかる費用負担、幼い子供に代替え品を持たせるなどを考えれば、それらを改善しユニバーサルな社会にしていくことが本来のストレス軽減に繋がるのではないか。

地域で子供や女性の未来を考えるととてもきれいに結んでいるが、子供の不登校やアレルギーが母親の体調やメンタルの問題とするのは如何にも殿方の発想だ。











[ 2023/03/06 23:23 ]

| つぶやき。 |
| ホーム | 次のページ>>